メルライン

メルラインの口コミを集めてみた。

メルラインの口コミ&評判ですが

 

評価されてた口コミを探したら

 

使ってたものが肌に合ってなくメルラインに変えたら大正解!みたいな口コミ

 

これに関しては納得できますね。
自分の肌質に合わない化粧品とか普通にありますもんね。
オイリー肌の人がそんなのを使ったら余計悪化するだけ!とかあります。
私自身、どちらかというオイリー系なので今まで結構失敗してきました(笑)

 

自分の肌にマッチしたものを使わないと繰り返しできやすい顎ニキビなんて改善されないと思え!と言いたいぐらいです。

 

販売サイトが怪しい(笑)が商品自体は保湿性を感じる商品みたいな口コミ

 

発売当初は怪しい!!と思った人は多いと思います。
メルラインは楽天、アマゾン、薬局とかでは販売されてませんからね。完全に自社のサイトオンリーで販売してるはずです。
そういう意味で怪しさを感じた人はいたのかもしれませんが、最近は美容クリニックでも取扱いされてるぐらいです。

 

今ではあごニキビケア薬品化粧品売上No1になったりや販売累計個数10万個を超えてます。
怪しい化粧品だと悪評が広まり、流石に売上No1や10万個販売実績なんて不可能ですよね。

 

女性だけではなく男性も使えるのが良い!家族とシェアハピ!みたいな口コミ

 

こういうニキビケア用品って結構女性向けのイメージがありますよね。
女性の肌に合わせて開発されてたりなんかもしたりすると思います。
メルラインの有効成分は男性の肌にも作用するとのことで、男性も使えます。
男性は髭剃りと肌質によっては髭剃りが原因で顎ニキビで悩まされてる人多いですからね。
自分の肌に合わなかったら家族にあげたり、家族とシェアして使うのおありかもしれませんね。
メルラインはジェルをすくう小さいヘラみたいのが入ってますので衛生的にも大丈夫かもしれませんね。

 

 

 

悪い評価の口コミとしては

 

改善されなかった!みたいな口コミ

 

評価されてた口コミと同じ内容になってしまいますが、やはり自分に合うか合わないかは人それぞれです。
たまたまメルラインが自分の肌に合ってなかった人の声だと思います。
でも先程も言いましたが自分の肌に合う可能性も当然あるわけなので、試してみる価値はあると思いますね。
合わなかったら最悪家族や友達にあげたりすればいいわけですし^^

 

メルラインの解約方法

メルラインの解約方法ですがお客様サポートセンターに電話連絡をすれば解約できます。

 

受け付けは平日のみなのですが

 

受付時間が10:00〜20:00

 

となってます。

 

20時までなので、仕事終わりでも連絡できますね。

 

これが17時までとかだったら最悪ですね^^;

 

ただ定期コース(集中ケアコース)は2回目までのお受け取り後のみ可能とこのこ。

 

解約させてくれなかった!解約しにくかった!という声は特になったかですね。

 

メルラインを低評価していた口コミにも解約がしにくいみたいなことを書いてる人はいなかったので、解約に関して悪い評判はなさそう。

 

定期コースの解約をなかなかしてくれない!
解約させないための営業トークがきつい!とかたまに聞きますもんね。
メルラインはそういうのが今の所なさそうなので安心かもしれませんね。

メルラインが楽天やアマゾンで販売されてない理由を考察。

メルラインは楽天やアマゾンでは販売れてません。

 

楽天で売ってたら楽天ポイントとか使えるので楽天をよく使ってる人からすれば有難いんですけどね。
特に最近はガソリンスタンドでも楽天ポイント貯まりますもんね。

 

楽天やアマゾンでも取り扱えば売上ドッカーン!ってなるんじゃないの?と素人私は思うんですが・・。

 

メルラインが楽天やアマゾンで取り扱ってない理由は恐らくリピーターが多いからかもしれませんね。

 

リピーターは定期コースを使いますので、楽天やアマゾンではおそらく定期コースの販売ができない・・?とかそんなのが関係してるんでしょうかね。

 

それか出店手数料とかに使う費用があるならメルライン自体を少しでも安く・・!みたいな嬉しい努力なのか?

 

んー・・考察と書いておきながら全然わかりません(笑)

Uゾーンのニキビについて

大人になるとUゾーンにニキビができやすくなりますが、これは一体どうしてなのでしょうか?
まず、Uゾーンというのは、あごから頬にかけての部位のことをいい、この部位はそれほど皮脂の分泌が多い訳ではありません。
皮脂の分泌が少ないのであれば、ニキビができづらいと思ってしまいがちですが、Uゾーンにできるニキビの原因は皮脂の過剰分泌ではなく、乾燥が原因なのです。
肌が乾燥すると角質が厚くなってしまい、その角質が毛穴を詰まらせてしまうので、ニキビができやすくなります。
そのため、Uゾーンには肌に潤いがある思春期の頃はニキビができづらい傾向があり、肌に潤いが無くなる大人になってからできることが多いです。
このようにUゾーンのニキビは肌の乾燥によって引き起こされるので、日頃から乾燥対策をする必要があります。

 

乾燥対策をする上で最も欠かすことができないのが、化粧水などを使った洗顔後の肌の保湿です。
これを怠ってしまうと一日中、乾燥した肌のままなので、ニキビができやすくなりますし、悪化してしまいます。
Uゾーンのニキビを改善・予防するには、洗顔後の保湿が非常に大切になってくるので、意識して行ってください。

 

また、Uゾーンというのは、ホルモンバランスの影響も受けやすい部位なので、生活習慣やストレスによってホルモンバランスが乱れるとニキビができやすくなります。
しっかりと保湿を行っても、Uゾーンのニキビが治らない場合は、ホルモンバランスが乱れている可能性があると思ってください。

洗いすぎるとニキビが悪化するの?

ニキビを予防・改善するのには、洗顔が必要不可欠ですが、洗いすぎるとニキビが悪化してしまうケースがあります。
皮脂が多い人の場合、どうしても1日に何度も洗顔をしたくなりますが、何度も何度も洗ってしまうのは肌に良くありません。
1日に何度も顔を洗いすぎると肌を傷つけてしまいニキビができやすい状態を作ってしまいますし、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。

 

ここで、何度も洗うと肌を傷つけるのは分かるけど、どうして皮脂の過剰分泌を起こしてしまうのか疑問に感じる人もいるでしょう。
洗顔を何度も行うと必要な皮脂まで全て落としてしまうので、肌がカサカサになってしまい、乾燥肌になります。
乾燥した肌というのは、外部からの刺激に弱い無防備な状態なので、体がそれを危険とみなし、肌を守るために大量の皮脂を出します。
これが乾燥による過剰分泌を引き起こすメカニズムとなっており、その大量の皮脂が毛穴に詰まり、ニキビを悪化させてしまうのです。
このように洗顔はニキビを作らないためにも非常に大切なことですが、あまりにも洗いすぎるとこのようなことが起こってしまうので、気をつけてください。

 

洗顔の回数は1日朝と夜の2回が理想的だといわれており、多くても3回程度に抑えるようにしてください。
それ以上、洗顔を行ってしまうと肌が乾燥してしまい、皮脂の過剰分泌を引き起こす可能性があります。
また、洗顔後に化粧水をつけて肌に潤いを与えないと、肌が乾燥してしまい角質が厚くなったり、皮脂の過剰分泌を起こし、ニキビを作る原因になってしまいます。